費用

同棲するための初期費用を安く抑えるためには!?費用の内訳をご紹介

更新日:

同棲を考えるにあたってどうしても気になってくるのが費用の問題。

特に初期費用が足りないと新生活を始める事もできないから絶対に把握しておきたいところ。

同棲生活が始まってからの家賃や光熱費は想像しやすいと思いますが、

初期費用は見落とす点が出てくきて何かとトラブルになりがち。

そこで今回は私の経験をもとに同棲の初期費用について、

内訳を3つに分類して説明してみようと思います。

 

同棲する際に必要になる初期費用の内訳項目は3つ

UNI16040516IMG_0017_TP_V

同棲を始める際に必要になる費用は

・これから住む物件の賃貸契約費用

・引っ越し費用

・家具購入費用

です。

この3つは確実に必要になってきます。

まずは「これから住む物件の賃貸契約費用」から詳しく説明致します。

 

これから住む物件の賃貸契約費用

man

何かと内訳項目が多くて内容が分かりにくい賃貸契約費用。

すべて覚える必要は全くありませんが、

値切れる可能性のあるものはしっかり覚えておきましょう。

 

敷金(家賃の1~2ヶ月分)

敷金とは物件を借りる際の担保のようなものです。

もしあなたが家賃を払い続けることが難しくなった場合に、

大家さんは敷金から家賃を充当します。

また、退去する際にあなたの修理負担分を敷金から賄うことが多いです。

修理負担分を差し引いて残った場合は手元に戻ってきますよ。

 

礼金(家賃の1~2ヶ月分)

これは部屋を貸してくれる大家さんに感謝の気持ちを込めて支払うものです。

そう、言ってしまえば特に理由のないムダな費用。

できるだけ払いたくない、削りたい費用が礼金です。

 

仲介手数料(家賃の~1ヶ月)

これは物件を紹介している不動産会社に支払う手数料です。

これもできれば払いたくない費用の一つですが、

不動産会社はこの仲介手数料で食べているわけですから、

ここは削りにくい費用ですね。

 

前家賃(1~2ヶ月分)

入居する際には向こう数か月分の家賃を払うのが習わしです。

この費用に関してはどうせ後から払うものを早めに払うってだけなので、

得する損するということはないのですが、

当面のお金に困っているということでしたら、

前家賃については交渉次第で入居時に払わなくて良くなることもあるそうです。

 

保証料

少し前まで、物件を借りる際に保証人を立てれば問題なく入居できていましたが、

リーマンショック以降に家賃を滞納した人が急増したことから、

保証人+保証会社の両建て契約をしないと入居させない物件が増えてきました。

不動産会社の都合で余計にお金をとられるのはむかつきますね。

これは交渉次第で保証人のみに減らせることもあるみたいです。

 

火災保険料

これは必要経費ですね。

もし家事を起こしてしまった場合に対する保険です。

ただし、不動産会社が提示するプランが不当に高い場合もあるようです。

たいして家財がないにも関わらず「家財500万円まで補償」なんてプランは不要ですよね?

火災保険の加入は必須ですが、内容はよく確認しましょうね

 

鍵交換費

これも削りにくい費用ですね。

鍵交換をしないと以前住んでいた住人がスペアキーを持っていた場合、

不法侵入される可能性がでてきますから必須ですよね。

個人的にはそんな費用不動産会社でもってくれよ…

なんて考えちゃいますが、入居者持ちの費用になるようですね。

私は礼金を減らす交渉をしましたが、

大家さんがなかなか首を縦にふってくれなかったらしく、

困り果てた不動産業者さんがカギの交換費用をもってくれることで落ち着いたことがあります。

 

 

家具購入費用

PP_bansan-thumb-autox1600-12586

これもなくてはならない費用ですね。

もし、同棲する男女のどちらかが1人暮らしをしていたなら、

その家具を使いまわすことができるので、少し費用が浮くことになりますが、

二人で使うベッド等買わなくてはいけない家具もどうしてもでてきます。

 

必需品家具一覧

家具 目安金額
洗濯機 2万円~3万円
冷蔵庫 2万円~3万円
電子レンジ 5000円~1万円
炊飯器 5000円~1万5千円
収納ケース ~2万円
ベッド 2万円~5万円
枕・掛け布団 ~1万円
カーテン ~1万円
テーブル ~1万円

新生活を送るにあたって、これらの家具は最低限必要になります。

どれも良い値段がするものばかりなので、

どちらかが1人暮らしをしていた時代の家具を使いまわせるとありがたいですね。

私は洗濯機・冷蔵庫・電子レンジを1人暮らし時代から使っていたものを使いまわしていますが、

2人で使うとなるとやはりちょっと小さいですね…

余裕ができたら新しいものを購入したいと考えていますが、

それはいつになるんでしょうね。(笑)

 

あるとうれしい家具一覧

家具 目安金額
テレビ 2万円~3万円
テレビ台 ~1万円
カーペット ~1万円
姿見 ~1万円

資金に余裕があれば上記のものも購入したいですね。

最近はテレビがなくても良いという人が増えているようですが、

私としては必需品に近いアイテムかなと考えています。

 

これらの家具を新調するとだいたい10万円~15万円くらいになりますが、

引っ越し費用や賃貸契約費用と比べて我慢できる部分なので、

ここで費用の調整をしている人も多いのではないでしょうか。

 

 

引っ越し費用

PASONA_4_TP_V

 

次に必要になるのが引っ越し費用です。

荷物が少ない場合は友人に手伝ってもらって引っ越しするという方法もありますが、

御礼として数人に夕飯をおごったりすると引っ越し業者に頼んだ場合とあまり変わりませんし。

部屋や家具にキズがついた場合でも文句を言いにくいので私は引っ越し業者に頼む方が良いと考えています。

必要になる内訳項目はこちらです。

 

引っ越し業者への支払い

引っ越しの基本費用ですね。

できるだけ安い業者を見つけて頼みたいですね。

正直金額と引っ越し業者の質はあまり関係ないと思いますので(体験談)、

一括見積サイトを活用して一番安いところを使いたいですね。

この記事の最後で私が使ったサイトをご紹介いたします。

 

作業員へのチップ

これは微妙ですけど、家具を大切に取り扱ってほしい思いが強い人は渡すことも多いみたいですね。

心付けとしてお金を渡すだけでなく、

飲み物や軽食を渡す場合もありますが、

必ず渡さなければならないわけではないので、

この費用は微妙なところですね。

特に丁寧に引っ越しをしてほしいと考える方はどうぞって感じですかね。

 

近隣住民へ挨拶用の手土産

一昔前ならば絶対に必要だったようですが、

核家族化が進んでいるだけでなく、

特に都心で人とのつながりが薄くなっている今、

必ず必要なものではない手土産。

私は不要な経費は削る方向で考えていますが、

本当に困った時に近所の人に相談できるように一応手土産は渡しました。

渡すものは相手が重荷に感じない、安めの消耗品やお菓子がベストでしょう。

 

不用品の処分代金

新生活を行うにあたって古くなった家具や、

1人暮らしの時に使っていたシングルベッドなんかは同棲には不要になりますよね。

引っ越し業者に相談すれば引き取ってもらえることが多いですが、

その引き取り料金は専門の業者よりも高め。

これが意外と大きい出費となるので、事前に処分の手配ができると非常に良いですね。

 

引っ越し先への交通費

これは書かなくてもいいかな?(笑)

引っ越しを経験したことがある方はご存じだと思いますが、

引っ越し業者はあなたをトラックに載せてくれません!(笑)

なので車や電車を使って移動する必要があります。

最低限の移動費用は手元に置いておきましょう。

 

 

初期費用の相場・目安は?

CC176164336_TP_V

これまでは費用の内訳を紹介しましたが、

ここからはそれぞれの費用の相場・目安をご紹介致します。

 

これから住む物件の賃貸契約費用

moriman

一般的に家賃の5~6カ月分が初期費用として掛かると言われています。

月10万円くらいのちょっといい物件を選べば50~60万円です。

高い。

どうにかして減らしたいですよね。

ここでは減らせる可能性がありそれなりに金額が大きいものをご紹介します。

 

礼金

まずは礼金。

大家さんに貸してくれたお礼として月1ヶ月分程度のお金を支払うという謎制度。

謎制度だけどあるんだから仕方ない。

これが0になって困るのは貸している側だけですが、

あちらも商売だからそう簡単には引き下がってくれません。

それでも譲歩してくれる可能性が高まる条件がいくつかあります。

 

駅から遠い(アピールポイントが少ない)

この条件が当てはまる場合は交渉が上手くいく可能性が出てきます。

不動産の価値が上がる一番大事なポイントは駅から近いことです。

にもかかわらず駅から遠い物件はどうしても人気がでません。

そんな物件は入居者を決めるのも一苦労。

礼金の交渉くらい聞いてくれる可能性大です。

 

長期間人が入っていない物件

物件は人が入っていようがいまいが管理費はかかってしまうもの。

なので多少条件を譲歩しても入居者を決めてしまいたいのが不動産業者の本音。

希望の物件が長い間空室だということが分かったらその点を責めて交渉してみましょう。

 

月末付近

これは意外と大事。

不動産業界はノルマがきついことで有名ですよね?

ノルマの〆は月事であることが多いです。

担当者が実績が足りなかったら礼金をサービスしても入居者を決めてノルマ達成したいものです。

足元を見ると言ったら表現が悪いですが、

特に交渉の材料がなかったとしても切り出してみてはいかがでしょうか。

もちろん、その条件を飲んでくれたら入居を決めるといった交渉の仕方ですすめましょうね。

 

紹介手数料

これは不動産業者で決まっているので減らすことができない事が多いです。

ですが、事前に紹介手数料が少ない業者を調べてから物件を探すことで、

大幅に費用を抑えることができます。

エイブルさんなんかは紹介手数料0.5ヶ月分を謳っていますね。

 

家具購入費用

kagu

家具ってけっこう高いですよね。

ここではブライダル総研さんの「新生活準備調査2015」を使い、

新生活準備のために家具と家電製品にかけた費用を調査致しました。

 

 

innteriajpg

 

kaden

※株式会社リクルートマーケティングパートナーズ ブライダル総研「新生活準備調査2015」より抜粋

これは同棲ではなく、結婚する際にかけた費用のデータですので、

同棲より気合を入れて良いものを買っているかもしれません。

なのであくまで参考としてみてください。

2015年度のデータでは、

「インテリア・家具の購入にかかった費用は平均で43.2万円」

「家電製品の購入にかかった費用は平均で36.7万円」

という結果になっているようです。

これらを合計すると、

新生活の家財購入費用は79.9万円もかかっているという事がわかります。

約80万円ですから簡単に捻出できるものじゃないですね…

ただ私のケースのように、どちらかが一人暮らしをしていれば

転用できる家具もでてくると思いますので、

その分費用はぐっと抑えることができます。

炊飯器や冷蔵庫等のけっこう値が張る製品は必需品なので、

もっていない場合のほうが少ないですしね。

家具を安く購入しようと考えた場合、

やはり店舗で購入するよりネットで購入した方が安いし特典もついてお得ですね。

私は価格.comとアマゾン楽天ですべて家具を購入しました。

ヨド○シで働いている友人も、

「正直客にネットの価格を出されると戦う気が失せる」

と言っていたくらい価格差が大きいようです。

ただ、ネットの複数のサイトから購入すると、

家具の受け取りがバラバラになって大変になりますので、

受け取り時のことを考えると実際の店舗にて購入でも良いかもしれませんね。

購入する家具の数と受け取りの手間を天秤にかけて考えましょう。

 

引っ越し費用

danbo-

正直どの引っ越し業者を利用しても大差はないかもしれませんが、

業者ごとの予約状況によって金額は変わってきます。

また、ちょっと人に聞きにくいチップや粗品についてもご紹介します。

 

作業員へのチップは渡す人と渡さない人が50%ずつくらい

tippu

※株式会社引越し侍調べ

引っ越し作業員向けにチップや差し入れを渡しているのは全体の約50%です。

裏を返せば半分の人は何も渡していないのだから、

特に気にする必要はありません。

私も作業員の方向けになにか渡したことはないですね。

心付けや差し入れを渡す人はご高齢の方なのでしょうか。

若い人はそこらへんドライに割り切ってそうですね。

 

近隣住民へ挨拶用の手土産

こちらも最近は渡さない人も多いのではないでしょうか。

私も不要な出費は抑えたい派ですが、

挨拶用の手土産は欠かさず渡すようにしております。

これを渡したからといって「得した!」という経験はないのですが、

大規模な震災や突発的な事故に合ったときに

周りの住民とスムーズに協力して行動できるようにする「保険」だと考えています。

一つ500円くらいのものを上下左右の部屋(場合によっては大家さん)に渡すだけですし、

この出費は必要経費だと考えています。

気になる方は引っ越しの挨拶回りでおすすめの粗品(手土産)は?をご覧ください。

 

引っ越し業者への支払

引っ越し費用で一番支出が大きいのがどうしてもこの部分です。

ここを削ることが引っ越し費用を抑えるための最重要ポイントです。

ちなみに今の引っ越し業者はどこも料金もサービスも大して変わりません。

どの業者も、繁忙期や仕事の依頼が多く忙しい時期の料金を調整してあげているので、

繁忙期を避ける以外で大切なのは、

 

依頼しようとしている業者の引っ越しの仕事が少ない時期を狙うことです。

 

いやいやそんなのわかんねーよ・・・・

と感想を持たれた方。

その通りです。私もわかりません。

 

なので複数の業者に見積もりをお願いすることで、

料金を比較し安い業者に頼む方法がベストです。

ただ、一括見積サービスを利用したことがある方はご存じだと思いますが、

一括見積りサービスに登録すると、

引っ越し業者からの電話が鳴りやまない

状態になっちゃうんです。

これがいやで適当に依頼して高い料金を払う人も多いみたいですね。

そこでオススメなのが…

 

最強の一括見積サービス「引越しラクっとNAVI」

hikkosirakuraku

ここが引っ越し業者からくる嵐のような電話からあなたを守ってくれる最強の一括見積サービスです。

他の引っ越し一括見積もりサービスは、

結果をすべてあなたに連絡してくるので、

嵐のような電話に対応する必要がでてきてしまいます。

しかし「引越しラクっとNAVI」は登録後に、

電話で引越しラクっとNAVIのコールセンターに条件を相談したあとは放置!

後から各引越会社の見積もりを確認し最安値の業者を選ぶだけです。

 

私は社会人一年目になるときに引っ越し一括見積サービスを使い、

地獄のような電話の嵐を受けてしまいました。

競争の激しい引っ越し業界なので、

こちらの都合はお構いなしの時間帯を気にしない電話だらけでした。

もしあなたが

引っ越しを検討しているorとりあえずどれくらい料金がかかるか知りたい

場合は、引越しラクっとNAVIにまず登録してみましょう。

いまなら登録で「引越しする前に絶対読んでおきたい本(定価550円)」プレゼントしていますよ。


引っ越し業者への支払+家具の処分

実は引越しを検討しているあなたにもう一社オススメがあります。

それが、引っ越し+家具の買い取りを一社で行ってくれる。

「トレファク引越」です。


他の引っ越し業者とは違う「トレファク引越」

torefaku

トレファク引越の最大の特徴は引っ越し業者なだけでなく、

家具の買い取り業者でもあることです。

普通は引っ越し業者のほかに家具の回収or買取業者に依頼をする必要があります。

しかし、依頼を忘れていたりめんどくささから依頼をしなかったりすると、

引越業者に家具の回収をお願いすることになり、

せっかく一括見積で安い業者を見つけたにもかかわらず割高になってしまいます。

(引越業者の家具回収料金は通常よりも高め)

また、しっかりと依頼をしたとしても、

2つの業者に頼むことになるので、業者の都合から、

引越日と回収日が別になってしまったり、

同日でも時間がかなり離れてしまい、調整が大変になってしまう可能性があります。

 

その点、トレファク引越なら、

不要な家具の買取をしてくれるので収入になるだけでなく、

複数業者に頼んだ場合の調整も不要で、

引越するギリギリまで、買取予定の家具を使用することができます。

もちろん、引っ越し費用も他社に見劣りするわけではありませんので、

一括見積サービスと併用してトレファク引越にも見積もりをするのがベストでしょう。

あなたがめんどくさがりで不要になる家具もあるなら「トレファク引越」一択でもいいと思いますよ。


-費用
-, , , ,

Copyright© 彼氏目線から見た!生活費ぎりぎり同棲ブログ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.